静岡大学工学部 井上研究室

研究内容

素材として素晴らしい特性をもつカーボンナノチューブ(Carbon nanotube:CNT)に関する研究を実施しています。CNTは、直径が数nmととても小さいのに長さは数mmにもなるような繊維上の結晶体です。電気や熱が良く流れるうえ、引張強度がとても高い素材なので、世の中の様々なことに応用可能です。

しかしながら、CNTを応用素材として数m以上に合成する方法はいまだ発見されていません。当研究室では、CNT合成反応中の様々な反応過程を詳しく調べて、問題を解決する新しい手法を研究しています。

一方で、合成したCNTを様々な技術に応用する研究も実施しています。CNTの向きをそろえた素材を作製し、センサーやリチウムイオン電池、キャパシタなどへの応用研究に取り組んでいます。また、とても強度の高いCNT長繊維の研究も進めています。

研究トピック